とある少年の旅行日記― 東方紅楼夢(第7回)~帰宅~ ―

はーろー。

長く続いた、「東方紅楼夢(第7回)」レポート。ついにこれで最後です。


……長かったとしか言いようがありません。

描き始める前は、

・前日準備。
・午前中にブログでぜひとも行きたいサークルを見る。
・お昼休憩。
・昼食後はあまり買わなかった。
・戦利品見せあい。
・ラストスパート。
・帰宅

のように最高でも2、3回で終わる予定でした。

それなのに。


……どうしてこうなった?


自分でも驚きです。

これを書いていなかったら、別の話を書いていたのに……。


でも後悔していない!


嘘ですが。

これを書くのに時間を割かれて後悔しているかと聞かれたら、後悔しています。一週間ほどこれにかかりっきりだったのですから。

締切が来てしまいましたし……。(このレポートを書いていたからというのは、単なるいいわけにしかならないですけどね。)


しかし、書いて良かったと思います。


毎日書いて更新するというのは、多少なりとも話を書く練習になったと思います。

毎日が締切でした。(学校の課題をしていないのはどうかと思うが。)

話が最後まで完結していなくて、記事をアップするなんてこと僕はあまりしないですからね。

それに、自分でも楽しかったですし。(最後らへんはダレていましたが。)


また、少人数ですが楽しみにしてくださっている方がいらして、大変励みになりました。僕が連日書くことができたのも、その方々のおかげです。


このレポートは、イベントに参加していない方が見ても、それとなくイベントの雰囲気をつかめればなぁという思いと、イベントに参加した方が見たら、あのイベントを鮮明に思い出せるようになればなぁという思いを持って書きました。

どうだったでしょうかね。

少なくとも僕は自己満足しています。

今再び前夜編から読見返してみたいのですが、読むのに結構時間がかかりそうで、また今度にします。

きっと書いた時間の10分の1の時間で読めてしまうんでしょうけど。


はい。

これを「とある少年の旅行日記― 東方紅楼夢(第7回)」の「あとがき」に代えさせてもらいますね。

……ところで、一連の記事を「雑記」としていますが、「小説」に変えてもいい気がします。登場人物はきっと仮想上のキャラクターなんですよ。

実は今までの話は「でっちあげ」だったりして。

まあ、多少記憶違いとあえて書いていないことがありますが、一応僕が体験したことを元にしています。


さて、この回まできっちり読んでいただいた方には感謝しています。

ごくろうさまです。

次回からは「日常」のブログに戻ります。結局なんだかんだいって10月も毎日のように更新していましたね。

ですが課題が忙しいので、更新ペースが下がると思います。それにこの記事の反動で、すごく短くなるかもしれません。(当分こんな暴挙はしないぞ……。)


でも、たまにでもいいので、「白隠賢治の一日」をのぞき見してくだされば、嬉しく存じます。(やっぱりアクセスカウンターが0をさすと悲しいですからね……。)


それでは、レポートの最終章をどうぞ!

家に帰るまでが、遠足ですからねっ。

【続きを読む】
スポンサーサイト

とある少年の旅行日記― 東方紅楼夢(第7回)~イベント後半!~ ―

はーろー。

……すみませんでした。

前の記事で終わらなかったですね。ただ、お昼ご飯を食べていただけでしたね。

記事のタイトルも急遽、「イベント後半…?」と「…?」をつける始末に。

しかも、お昼前のインターバルである戦利品お披露目が、その後の休憩のときにやったものであったのかどうか、記憶があやふやだったという……。こういうことならメモを残しておけばよかったです。自分の記憶力に過信していました。

(今思い返すと、確かに戦利品を見せあったのは13時過ぎの休憩だったような気がします。まあ、後にするか先にするかの違いだけで、それほど話の内容的には変化無いと思いますが。)


さて、おそらく今回の記事で大体のところまで行きます。

……。

すみません、また分割してしまうような予感がしてきました。

がんばって、一回分に収めたいと思います。

(前の記事を書くのに5時間ほどかかってしまったという。私の執筆の遅さには、ほとほとあきれます。やるべきことができなかったのですから。)


では、お昼を食べた僕はこの後、どうするのでしょうか?

さあ、続きをどうぞ!


(一つ分かったこと。書き始めは「だ」「である」体であるが、そのうち筆が載ってくると無意識のうちに本来の自分が出てきて、「です」「ます」体になってしまう。「なりきり」は難しいですね。)

【続きを読む】

とある少年の旅行日記― 東方紅楼夢(第7回)~イベント後半…?~ ―

はーろー。

長く続いたレポートもいよいよ大詰めです。

さて、今日は朝の4時まで起きていてそこから寝ましたが、8時に起きてその後、とある用事で橿原の方まで行きました。(原動機付自転車を飛ばして20分の距離ですけどね。)

午前中はその用事で、帰ったのは13時頃です。また、3年後に同じことがあります。(←何をしに行っていたのか、ちょっとしたヒントです。)


まあ、そんなことは置いておいて。

イベントのことをこうつらつらと書いており、「友達」「彼女さん」と名前を伏せていますが、実際問題、彼らにこの記事を書くことの許可は取っていません。「プライバシーの侵害だ」と言われたらどうしましょうか? 今回は結構深く掘り下げていますので……。

その時は、「全くのフィクションです。登場人物は他人の空似、赤の他人です。」と返したらいいのでしょうか?

また、各サークルさんの許可も取っておりません。かろうじて購入した同人誌の写真は載せていませんが。(許可を取ることができれば、ぜひとも載せたいんですけどね。)それとも、サークルの宣伝として、リンクとかバンバン貼りつけた方がいいのでしょうか?(リンクが貼っていなくてもウェブで検索していただければ、応援しているサークルであるので、こちらとしても嬉しいです。)


と、とりあえず、誰からも注意のメッセージが来ないので、このまま続けたいと思います。何かあればすぐに削除します。


コホン。気を取り直して。


前回の記事をまとめますと。

僕たちは自由行動をし、僕はブログで知ったサークルさんのスペースを回りました。

嬉しかったことや、残念だったことがありますが、とりあえず何とかやるべきことはやった感じです。

それで、あっという間の1時間。お昼の時間です。

「僕」「友達」「彼女さん」は待ち合わせの場所に集まりました。

彼らは思い思いの行動ができたのでしょうか?

また、これからどうするのでしょうか?


いつの間にか口調が変わる、東方紅楼夢(第7回)レポート! 

さあ、はたして今回の記事で無事終わるのでしょうか!!

その行く末は如何に!?


【続きを読む】

とある少年の旅行日記― 東方紅楼夢(第7回)~イベント中半~ ―

はーろー。

割と長く続いています、「東方紅楼夢」レポート。

実は今日の内容は昨日に含めるつもりだったのですが、以外に長くなってしまったのと、時間的に寝る時間になってしまったのとで、分割することになりました。だから、イベント中半です。(「半」でいいのか?)

さて。

前回もいきなり口調が変わってしまいました……。

簡単にいえば「だ」「である」口調から「です」「ます」口調に変わっているのです。本当にいきなり変わっているのです。どうしたものでしょうか? 記事を書いている時のテンションがリアルに反映されています。記事内容の元となった過去での気分も反映されています。

そんなこんなで文体が整っていない記事ですが、続きをどうぞ。(おそらく後2回くらいで終るんじゃないかな?)


今日の内容は、一冊目の同人誌を買って、これから自由行動するところから始まります。僕は一体これからどこへと向かうのでしょうか? イベントを楽しむことができるのでしょうか?


では本編。

【続きを読む】

とある少年の旅行日記― 東方紅楼夢(第7回)~イベント前半~ ―

はーろー。




……。






…………。






またやっちまったよ!!




インターネットエクスプローラーで新しいタブ開こうとしたら、マウスにお気に入りバーのアイコンが引っかかって、今編集しているタブの上に重なり、一時間かけて書いた記事が全てパーになったよ!



……でもめげないモン。


さて、気を取り直して。

「東方紅楼夢」のレポートの続きです。

前の二つでは色々口調が変わってしまってましたが、まあいいでしょう。

それでは、イベント開始、10時30分過ぎのことから、どうぞ。







…………。



………………。






実はこれを書くのが3度目だったりして。




いや、冗談です。ネタです。

しかし、今さっき危なかったのです。

こまめに保存するため、「記事を保存」ボタンを押そうとして、再び間違ってちょうど上にあったお気に入りのショートカットアイコンを押しかけました。

危なかった……。


さて、こんな出だしですが、本編をどうぞ! (「お気に入りバー」を非表示にしておいたほうがいいかも。)

【続きを読む】
プロフィール
「白隠賢治」の宿主

Author:白隠賢治
 ↑
(サングラスを取ってみた図。……クリックして拡大できること、しっていました?)

リンクフリーだじょ。(だけどリンクした時は一言あったらうれしいです)


職業:ただの会社員


趣味:人間観察


 ↑
これリンクだって知ってました?

管理画面




このブログは筆者である白隠賢治の日がな一日を綴ったものである。

趣味はライトノベルを読むことで、他にも遊戯王やポケモンも嗜む。

東方Projectも好きで特にBGM代わりによく聞いている。ただ、STGの方はイージーですらクリア出来ていないという腕前。

たまに、MIDI音楽や鉛筆画を掲載。

基本的には好き勝手にしているブログである。



ちょっとでも興味を惹かれたら「お気に入り」にでも。

また、「ブログ拍手」や「コメント」に興味があったけど、怖くて今まで出来なかった方でも、「○○から来ました」程度でいいので、お気楽にコメントどうぞ~。何、取って食いやしないよ。初めの一歩を踏み出せばきっといけるさ! 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別(表示数指定)
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
メールフォーム
<何か御用がありましたらどうぞ>

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

ぐ〜だら武士

ある男の葛藤

ゲーパソライフ

山猫02式のブログ

Henry Le Chatelier
イラスト
自作BGM
MIDI形式で作った曲に音響効果を加えたもの
FC2カウンター
皆! オイラに力をくれ~!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
夜々時計

ブログリンク